いわき 知っとくナビ - 内郷・常磐地区 観光地[国宝白水阿弥陀堂]

観光地内郷・常磐地区
国宝白水阿弥陀堂

福島県いわき市内郷白水町広畑219  

いわき市の国宝 観光地

駐車場あり
営業時間
拝観時間
4月1日より10月日まで・・・AM8:30〜PM4:00
11月1日より3月末日まで・・AM8:30〜PM3:30
※受付は終了15分前です。

定休日
毎月第4水曜日 2月節分 3月春彼岸中日 8月お盆(12日〜16日 24日) 9月秋彼岸中日  
12月(25日〜31日)、第二水曜日、木曜日
駐車場台数
50台
携帯で見るなら
>>専用QRコード

白水阿弥陀堂(阿弥陀堂)が建てられた歴史

お坊さんの話によると、1052年に末法思想が全国にひろまり、仏教が衰え、世の中が暗黒になると信じられていた。

そこから救われようして浄土教(=阿弥陀教)が流行した。それは仏様に向かって「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えて極楽浄土に往生することを願う宗教である。

これを他力本願という。この宗教に貴族はすがった。藤原道長は法成寺、頼道は宇治に平等院鳳凰堂を建てた。

藤原一族は武力闘争を背景として権力を握っていて、それまで多数の貴族や高い身分の僧を無実の罪のまま残忍な刑で死なせてきた。

なのでその怨霊が武力抗争や社会異変を起こすと恐れ信じ、御霊信仰と併せて浄土教を信じていた。

そのように貴族が競って寺を建てたり、仏様を造ったりして救いを求めた。

平安後期に地方の武士の勢力が強くなるにつれて貴族の文化が地方へ普及した。お金を多く持っていた武士は阿弥陀堂をたくさん建てた。

永暦元年(1160)岩城国守岩城大夫則道公(いわきのくにのかみいわきたいふのりみちこう)の夫人徳姫が、則道公の死後髪を剃り徳尼御前(とくにごぜん)と呼ばれ、夫の冥福を祈るため今の場所を選んで中尊寺金色堂にならって白水阿弥陀堂を建てた。

入場料
大人 400円
子供 200円

国宝白水阿弥陀堂 地図

ショップガイド ジャンル検索

新着クチコミ

只今、掲載店を募集中!

あなたのお店や会社の情報を[いわき知っとくナビ]に掲載しませんか?
詳細なPRはもちろん、ニュース配信や求人募集も可能です!

【いわき しっとくナビ】は
ケータイでもご利用頂けます。

いわき 知っとくナビ 携帯閲覧用QRコード
>このページのQRコードはこちら

掲載店からのお知らせ

ふくしまNEWS

いわき市の天気予報

9/20(水)
曇のち晴
曇のち晴
最低気温:---
最高気温:---
9/21(木)
晴れ
晴れ
最低気温:20℃
最高気温:28℃
9/22(金)
晴のち曇
晴のち曇
最低気温:---
最高気温:---
(9/20 17:00 発表)

知っとくナビについて

▲PageTop